スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prologue

「80年代、世は高度経済成長真っ只中、当時の外食産業といえばチェーンの業態が流行りだしたのもこの頃、「居酒屋」ブームのはじまりだ。父親が外食産業従事していた影響もあり物心ついたころから試食や外食などよく連れて行ってもらっていたのだが今考えてみると当時外食はまだまだ一般的ではなく、世の中の「食に」対する意識は変わっていった。そう僕個人的にも父親の仕事の影響そのものな生活だったと思える。」

31560482.jpg

16歳、世の中バブル崩壊前父親の影響から料理の道を志すことに。
京料理を基本に東京・九州などで料理の勉強をはじめる。

26歳、目標はあくまでも飲食店経営、料理は必須ではあるがすべてではない。
スナックのバイトや飲食コンサルの経営勉強会、選挙事務所などに携わりながら地元佐賀に念願の飲食店出店。

人生の転機な31歳、生活する上では何不自由ない完成された生活環境だったのだが
もう一回だけ自分を試してみたい、そんな思いが高まり必然的とも言える縁を頼りに単身中国へ。

CIMG0008_convert_20081011141443.jpg


世界は広い…当たり前のことだがこの当たり前が感じ取れなかった自分がいたのだ。

自分の甘さを反省し前向きに生きる勉強にもなった中国生活。
新たな人生のスタートを中国での日本料理店出店という形ではじめた。

~日本から中国、そして台湾へ~

運と縁で生かされていると言っても過言ではない今の生活。
中国生活の中で繋がった一つの縁のもと台湾での日本料理屋開業の話が舞い込む。
2008年7月、台湾の地で日本料理店を開店し現在に至る。

台湾人や日本人からもよく質問されることがある。
「何故台湾へきましたか?」


「楽しそうだからですよ。」
決まって僕はこう答える。

スポンサーサイト

Comment

>鍵コメサン

恐れ入ります、詳細は別途メッセいたしますね!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。