スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブリシティとDM販紙

現代の飲食店、販促も様々な手法が存在し、中でも王道なのはパブリシティやDM、POP等の「存在をアピール」することからはじまる。インターネットの普及などで比較的個人でも簡単に作れるようになりこうやってWEBで情報を配信できるのも今風というべき環境なのかもしれない。

もちろんそれを行える環境作りが最低条件とした背景の下なのだが・・・

今回の開業を通して見えてきたもの、台湾は!と一概には言えないものの実際の営業を肌で感じてすこしばかり見えてきた、もちろん戦術であったプレオープンの案内、商圏へのDM配布、企業営業などのデータにも基づいているのは言うまでも無い。

一言で言うなら「台中に限って言えば人間臭い!」のだ。←洗濯物干すの忘れた♡とかではない。

3折_convert_20081025143057


そこで今年も残すところあと2ヶ月あまりとなりダラダラまだまだ暑い台湾で「年内はゆっくり焦らず駆け足で!」な戦略計画でありマーケの大詰めに入ろうかなと。

そう「知ってもらう」戦略から「来店動機を与える」戦略へと前へ進む。

簡単に言えばDMの小さい情報量から販紙へと情報量を上げてみることに・・・
一般のお客様方の来店率を計ることにしてみる。


しかし初期段階のこの販紙、スタッフへの勉強課題として安易にお願いしたつもりだったのだが、驚くほど使いこなす技術は高い。。。

ココのレベルは侮れない、そんなIT台湾事情からも伺える。
スポンサーサイト

Comment

No title

彼女、アルバイトばせんですかね・・・

初心者とは思えない位、レベル高いのに驚きです。
まぁ、素材はとよじさんの物でしょうが^^;

>わんちゃいさん

え、カラオケとかダメですYO←激お父さん感覚(笑)

なんでも高校生の時に選考していたみたいです。
彼女、CS3が使えてCS2で戸惑っていますが・・・←イラトレ7.0世代な人_| ̄|◯

これかなり救われました、僕のちょっとの経験と従業員さんの技術を使えば
パクリは100%、オリジナルもハイレベルが作れそうです^^

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。