スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然&おしらせ

台湾での魚の仕入事情は朝と夕方の二回あり、時には三回の時も!?
これは中華圏特有なのか中国シンセンも広州も魚市場はそうだった。

今使っている業者は台湾人のスタッフが使っていたとても腰が低く笑顔が素敵なおじさんだ(笑)
偶然にも別口で市場や魚屋マーケティングをしてた過去に一度僕とも面識があったのでより信頼している。

もちやはもちや、その道のプロ達との信頼関係は日本でも外国でもかわらないのだ。

先ほど入荷の【鯛】!あまりにも立派だったのでお知らせすることに。
日本でいうとこの旬は冬から春先にかけて!!春から夏にかけての産卵前がもっとも旨い季節、桜鯛などの名称もここから来ている。

っで、南国台湾、南へ行けば行くほど旬の時期は早めに訪れる太平洋、東シナ海。
ということで時期的にも悪くない今。

CIMG0023.jpg

やはり素材の持ち味を十分生かす料理方法な僕、仕入食材でのメニュープランニングがもっとも美味しい物を提供できるので・・・

~本日のおすすめ~
CIMG0024.jpg

メインはやはりお刺身で。霜皮造りがもっとも美味しい食べ方だろう←鯛の旨みは皮。
その他「焼物」「煮物」「蒸物」や鯛飯など…そしてしゃぶしゃぶなども。

素材がよければ作り手もおもしろい!
さて「仕入食材→メニュー」な感覚を彼らに教え込まなくては・・・(笑)
スポンサーサイト

Comment

No title

鯛の白身の味わいは深いですが
皮、それも軽く火を通したり焙って香ばしさを出した時が
一番美味しさを感じますね。

昨日は焙り塩レモンを握ってもらいましたが
やはり旨かです。

一カン目は白身でもよかですが
後半ならこっちのが合ってますね^^

No title

これ、思った以上に良いお味でした^^
しかし旬からはまだ外れてますね。。。

5㌔ほどある大物ですのでフルコースできますた^^

>焙り塩レモン
これ、台湾ではムズカシカですね・・・
レモンが・・・(苦笑)

レモンがないなら

四季柑でやってみるぽ (*o*)\(^-^;;ばき!

>狸田ポン太サン

それアリかもポン!
聞いてみたら12月が旬なので試してみます(笑)

シークワサー炙り寿司!←なんか響きは好きポン!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。